カットマンの足の使い方

 

こんにちは。

 

日々の指導の中でカットマンを指導される方やご自身がカットマンでいらっしゃる方々からよく質問される事を1つご紹介したいと思います。

 

『カットマンはカットを引くとき、足を後ろに引くんですよね?』

 

とよく聞かれます。

例えばフォアカットの時は右足を後ろへ、バックカットなら左足を後ろへ引くという事が基本としてある訳なんですが…。

これは状況によって変わります。

 

相手が打ってきたボールが自分の体に近い場合は足を後ろに引かないと打球スペースが作れませんのである程度後ろに引く必要があると思います。

 

ですが、相手が打ってきたボールが自分から遠い所に来た場合は後ろに引くだけではボールとの距離は縮まらず、最終的に遠いままカットしてしまいスイングをしゃくりやすくなってしまいます。

この時は足は後ろではなくボールが飛んでくる方向に、つまり横へ出す必要があります。

 

逆に体の中心を攻められたら、足を横に出してしまうとボールは体に当たってしまうので思い切り真後ろに足を引いて打球スペースを確保するようにします。

 

浅いボールが来たら、当然足を後ろには引きませんね。ボールに近付くように前に出していかなければなりません。

 

このように自分が構えている所に対して相手のボールがどこにどう来るか、によって足を出す方向が変わってきますので、同じボールを取る練習ばかりに偏らないように、サイド、ミドル、浅い、など色んな方向から来るボールを取る練習をしていただくと臨機応変さが磨かれていくと思います。

 

ぜひお試しあれ(o^-‘)b !

 

ゼオス卓球スタジオ

住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-17-2 第3遠藤ビル地下1階
TEL 03-6380-0980
お休み 年末年始、夏季休業

当スタジオfacebookページはこちら
http://bit.ly/1MABj8O